01 02 03 04 13 14

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.01.31 (Tue)

JOC、アレンジ部門で参加しました。即興演奏も・・・

こんにちは。

長女はヤマハのジュニア総合コースに通う小学1年生です。

先日、ヤマハのイベント、JOC(ジュニアオリジナルコンサート)に参加してきました。
JOCには初めての参加です。
作曲のコンサートなのですが、チャレンジ部門(替え歌、変奏)、アレンジ部門(こぐまのマーチのアレンジ)、JOC部門(完全なオリジナル曲)などの部門があり、娘はアレンジ部門にエントリーしました。
変奏とアレンジの違いがよく分りませんが・・・幼児科の小さい子たちはチャレンジ部門で参加するようになっているようです。

ヤマハのレッスンで習う曲「こぐまのマーチ」の伴奏やメロディーを変奏して、「ぞう・ふくろうのマーチ」を作りました。

即興講座で学んだことを生かし、イントロ、間奏、エンディングも作りました。

演奏動画はこちらです↓↓↓


ちょうど、過去にピアノコンサートで「こぐまのマーチ」も弾いていたのでその映像も動画に入れました。
動画では「こぐまのマーチ」が流れてから、「ぞう・ふくろうのマーチ」が始まります。

曲の構成は、
イントロ A (ぞうのマーチ)→ B (ふくろうのマーチ)→ C (少し雰囲気の変わったふくろう)→(ふくろうの変奏)→(ぞうの変奏)→エンディング
となっています。


JOCの一環で即興コーナーというのがあり、そちらでも演奏させていただきました。

この即興コーナーとはどういうものかというと・・、
2小節のモチーフが出題され、その場で考えて曲を作るという感じです。
即興と言えどその場で1から考えるのではなく、先生があらかじめ考えてくれている伴奏形があって、それに沿ってメロディーを作ります。
しかし、聞いている人で事情を知らなければ即座に曲を作ったように見える・・・かもしれませんw

即興の伴奏形の練習も結構大変でした。
最初のころは伴奏もかなりゆっくりしか弾けず、メロディもつい止まって考えてしまい、弾き直しだらけ・・・
「できるようになるのかな?」と思っていましたが、本番までになんとか形になりました。
即興というのは、とにかく止まらずに弾くことも大切なんだそうです。音がちょっとおかしくても弾きなおさずに即座に次の音で調整する・・・というテクニックで乗り切ります。

なんとか形になってはいたのですが、本番!えらいことになってしまいました。
途中、左手の伴奏を飛ばしてしまい、次に何を弾いていいか分らなくなってしまったようで、演奏が止まってしまいました(汗)(汗)

止まること数秒・・・先生のすごくさりげないサポート(客席から舞台そでにこっそり移動しているだけに見えた)のおかげで、演奏を再開することができ、なんとか最後まで弾ききりました。

先生は通りすがりに小声でアドバイスしてくださったそうです(^^)

止まってしまったときはこっちまで頭真っ白でどうなることかと思いましたが・・・
すんなり完璧に終われれば言うことなしですが、こういうアクシデントも印象に残りいい思い出になりそうです。
この気まずさも動画にアップしたいのですが、演奏事態の気まずさよりも手ブレの気まずさがさらに上を行き、ちょっと投稿するのははばかられます(汗)うまいこと編集できればいいのですが・・・手振れの部分は音だけにするとか・・・少し考えます。

JOCの審査の結果は、金賞をいただき、2月のタウンコンサートにも参加させていただくことになりました。

関連記事

♪ご訪問ありがとうございます。メッセージやコメントもお気軽にしていただけるとうれしいです。

↓↓↓よろしければ応援クリックお願いします。素敵なブログがたくさんのランキングです♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
☆ご意見、ご質問、雑談などメッセージはこちらから↓↓↓なんでもお気軽にどうぞ♪
11:18  |  演奏動画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tomomi999.blog.fc2.com/tb.php/55-448b7a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |