01 02 03 04 13 14

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪ご訪問ありがとうございます。メッセージやコメントもお気軽にしていただけるとうれしいです。

↓↓↓よろしければ応援クリックお願いします。素敵なブログがたくさんのランキングです♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
☆ご意見、ご質問、雑談などメッセージはこちらから↓↓↓なんでもお気軽にどうぞ♪
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2016.11.29 (Tue)

小学校の宿題に対して思うこと

こんにちは!

長女は小学校1年生です。

今日は久々にヤマハネタではありません。

小学校に入ってから毎日宿題がありますが、「毎日子供の宿題を見てあげて間違いを直してあげてください」ということがプリントに書かれていたり、懇談会で先生がおっしゃっていたりします。

それに対してちょっと「うーん・・・」と思ってしまっています。

間違いは間違ったまま提出し、×をもらったほうが印象に残るんじゃないかなぁと思うからです。
そのほうが同じ間違いをしないんじゃないかなぁと思います。

家で親が訂正したとしても答えを教えるわけではなく、間違ったところはもう一度考えさせて理解させたとしても、学校で先生に×をもらったほうが印象に残るのではないかなぁと思います。

うちは宿題も娘が「間違ってないか見直しして」と言ってきたときは見ますが、基本放置しています。
たまに間違ったまま提出もあるので、先生からしたら「ちゃんと見てあげて」・・・というふうに思われているのかもしれませんが。

それと同じで学校へ持っていく持ち物なども自分で用意させて時には忘れ物もする・・・ということも大事なんじゃないかなと思います。
忘れ物をして、困ったなら次からは忘れ物をしないように気を付けるようになるんじゃないかなぁと・・・
持ち物に関しても親のほうでチェックしてくださいと言われています。

「子供が宿題をしようとしないので困っている、毎日口うるさく言ってやっとしていく」
「していかなくても平気」
という話も聞きます。

宿題を忘れると登校してから朝にしたり、休み時間にしたりしているようです。
それが当たり前になると別に家でしなくても学校でしたらいいや~っていう子もいるのかもしれません。
学校がどんな雰囲気か分らないのですが、自分たちが子供の時は宿題をしていかないと怒られたり、すごく恥ずかしい思いをしたような気がするのですが、そんな感じではないのでしょうか?

「宿題しなさい」と口うるさく言われてするのではなく、子供が自分からするためには「宿題をしていかないと困ったことになる」といった経験が必要だと思うのですが・・・

娘のクラスでは宿題忘れや持ち物で忘れ物がなかった日は先生からシールがもらえるようで、娘の場合はその数を増やしたいがために、むきになってやっています。
それでやる気になる子がいるので良い方法だと思うのですが、そういうことに興味がない子は別にしていかなくても困らない、といった感じなんでしょうか。

今のところ宿題をしていかないなど考えられないような感じで、学校に行く直前に宿題忘れに気づいたら半泣き状態ぐらいの感じなんですが、していかなくても大して困らないなら智恵がついてきたりするといつか「まぁ、いっかぁ~」という考えになるかもしれないですよね。
だから「宿題をしてくれなくて困っている」という話は他人事ではなく、学校の環境などどんな感じなのかなぁということが気になっています。

「親が確認」というのも1年生のうちだけかもしれませんが、それならいつから自分でさせるのか?ということになりますし、今の時点で宿題と時間割セットぐらいは自分でじゅうぶんできることだと思いますので、子供に任せておけばいいのではないかと思います。

ですから我が家の方針としては
  • 宿題やりなさい、明日の用意しなさい、は言わない
  • 宿題は基本放置(親が確認するのは子供が頼んできたときだけ)
  • 時間割セットも子供に任せる

あまりにも間違いや忘れ物が多いと先生から注意が入るかもしれませんが、親から言われるからするのではなく「宿題をしていく」「間違えないように確認する」「忘れ物をしないように気をつける」ということを自分でできるように身につけてほしいので、このような感じで行こうと思います。

関連記事

♪ご訪問ありがとうございます。メッセージやコメントもお気軽にしていただけるとうれしいです。

↓↓↓よろしければ応援クリックお願いします。素敵なブログがたくさんのランキングです♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
☆ご意見、ご質問、雑談などメッセージはこちらから↓↓↓なんでもお気軽にどうぞ♪
13:24  |  育児  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

はじめまして。
ついついコメントを。
小学生低学年の場合、なるべくその場で間違えたところをやり直す、ということ、やった、やらないではなく、既習内容がより確実に身につくことを重視するため、みてあげてくださいと言われるのですよ。宿題をやっても、時間が経てば記憶も薄れてしまうので、間違えたところは早めに直す方が学習には効率的、ということで。
また、子どもの性格によっても実情が異なります。声かけが必要な子どももいます。だから、やり方はそれぞれのご家庭のやり方でいいと思いますが、大切なのは目を離さないこと。
そういうウチも、私がマメじゃないために放任寄りなんですけど…早くに全部任せ過ぎると、ちょっと大きくなった時にきちんとできなくなってしまう場合が多い、なんて仰る先生もいらして、がーんT_T!って感じです。確かにうち、ダメなので。でも、性格によるところが大きいと思いますよ♪
yuu |  2016年11月29日(火) 14:34 | URL 【コメント編集】

★Re: タイトルなし

はじめまして!
yuuさん。

こんなひとりごとのような記事にコメントありがとうございます。

そうなんですねぇ。
時間が経つと記憶が薄れるから宿題の間違いはすぐに直したほうが効果的、そんな風に考えたことはありませんでした。
そういう理由があるなら低学年のうちは親が見てあげてその場で間違いを直させるようにしたほうが良い、ということにも納得できる気がします。

幼稚園では「宿題は親が手出し口出ししないでください」という主義だったので学校とのギャップに少し戸惑っていました。
そして、自分でそのような主義の幼稚園を選んだぐらいなので、自分の考えもそっち寄りだったもので…

みんながみんな、同じようにすればいいというわけでもないし、親が1番子のことを分かっているので、様子を見ながら子に合ってるかな?という方法で取り組めばいいのですよね。

「大切なのは目を離さないこと」
確かにそうですよね。
「手は出すな、しかし目は離すな」という感じで見守るようにしています。
マイペースで作業が遅かったりするのでついつい色々と手伝いたくなってしまうんですけどね。

周りを見ていると 放任寄りのほうが子供はしっかりしてくるのかなぁと思うんですが…確かにもともとの子供の性格によるというのもそうですよね。
偏り過ぎずのさじ加減が大切なのかなと思いますが、今後も試行錯誤しながら今の子供に合っていると思われる方法を考えていきたいと思います!
優 |  2016年12月01日(木) 12:55 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tomomi999.blog.fc2.com/tb.php/47-6b5887b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。